Sugiyama Yoga ブログ

Happy Pongal 2021
2021年1月16日
マーヤーの理解
2021年8月2日

Veda・Vedanta の宇宙観との出会い

2020年8月の3日間ワークショップ(Zoom)参加でスワミチェータナンダとの出会い

ヴェーダンタの言葉に初めて触れました。その言葉が何を伝えようとしているのか?

今思うとまったくチンプンカンプン?でただただ聞くことに身をおいて何か自分が癒やされるのではないか?それを探している自分がいました。

そこからもうすぐ1年が経過していきます。

ほんの少しだけどヴェーダンダの言葉が理解できるようになっている自分をみています。 それは自分を知るための知識、それは私が子供の頃から探し求めていたもので

ずっと蓋をしてきたもので誰にもきけないことでした。

この世界観、宇宙観が言葉として存在していて伝え継がれていることに感動しています。

人生で誰しも立ち止まることが早かれ遅かれあると思います。

どんなかたちで、何が原因で立ち止まる瞬間がくるかは人それぞれです。そしてそれをスルーしてしまう人もいるし、そこから全てが変わる人もいるかもしれない。自分には無関係と思っていたけど意識がそちらに向いてきていたのは2,3年前からだなと振り返っています。

 

It was encountered with Swami Cetanananda Srasvati through participation in a 3-day workshop (Zoom) in August 2020. I was exposed to the words of Vedanta for the first time. What are those words trying to tell us?

When I think about it now, I don’t know what it was trying to say. I was looking for something that would heal me by just listening to them. That’s what I was looking for.

It’s been almost a year since then.

I can see myself becoming able to understand the words of Vedanta, though only a little. I am moved by the fact that this view of the world and the universe exists in words and is being passed on.

It is the knowledge to know myself, something I have been searching for since I was a child.

It’s something I’ve kept under wraps for a long time, and it’s something I’ve never been able to ask anyone about.

 

I believe that everyone stops sooner or later in life.

It is up to each individual to decide how and why he or she stops. Some people just go through it, while others may change everything from there. I’ve been thinking back to a couple of years ago, when I thought I had nothing to do with it, but my consciousness started to turn in that direction.

Comments are closed.