Sugiyama Yoga ブログ

不眠症について☆ヨガができることシリーズ
2020年3月25日
不眠症☆ヨガができることシリーズ
2020年3月25日

不眠症☆ヨガができることシリーズ

☆ヨガができることシリーズ ー 不眠症
前回は不眠症とは?について書いてみました。
食べ物、飲み物も眠りに影響を与えます、自分がどういったものを飲食したのか、常に把握しておくのは容易いことではないかもしれないのですが、少し意識を向けると調整していくのが楽しくなってきますよ インドの伝統的な医療体系でお馴染みのアーユルヴェーダでは、過覚醒と不眠症は、動作と情緒不安定に関わるヴェーダというドーシャが過剰になって現れると考えます。ヴェーダとは簡単にいうと身体の中にあるエネルギーのことを言っています。
この3つ→ Pitta (火)Vata (空気、風)Kapha (水)
バランスよく保たれていることもあれば保たれていないこともあり、必ず一つが自分のメインドーシャとなり、すなわち一番高いエネルギーがメインドーシャと言われています。3000年以上の歴史を持つアーユルヴェーダ、今でもインドでは伝統医学療法として普通に存在していて町医者と同じ存在で立派に社会的ポジションを確立しています。日本でいうおばあちゃんの知恵的なものが更にパワーアップしてる感じのものですね!このドーシャが崩れると不眠症の原因にもなると言われているのです。この続きは次回。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です